江戸川区社会福祉協議会のウェブサイトにようこそ。 音声ブラウザ用メニュー 開始 メインメニューはこちらからです 社会福祉協議会へのお問合せ(住所・電話・メールアドレス)はこちらからです 本文および新着情報はこちらからです 音声ブラウザ用メニュー 終了 音声ブラウザ用メニューの開始に戻るはこちらからです
サイト内検索 powered by Google
江戸川区社会福祉協議会
江戸川区社協では、地域の中で、だれもが普通に暮らせる社会を目指して、さまざまな活動を行っています。
「新型コロナウイルス感染症の影響による休業・減収した世帯への特例貸付」について(更新日:9月17日)

新型コロナウイルス感染症の影響で就労所得が減った世帯を対象としています。 特例貸付は下記の2種類(緊急小口資金、総合支援資金)があります。 下記を参考に、感染防止のため、申請書類は江戸川区社会福祉協議会へ簡易書留で郵送してください。

 

緊急小口資金(特例貸付)

新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯の生計中心者(同居人の中で収入が一番高い方)が郵送申請できる貸付制度です。 約2〜3週間の審査があります。決定した場合は送金をもって決定とし、通知は行いません。一度しか利用できませんので重複申込にご注意ください。 貸付上限額は20万円です。送金の1年後から最大2年間で月賦返済となります。

総合支援資金(特例貸付)

新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっており、生活再建までの一定期間の生活費が必要な世帯の生計中心者が郵送申請できる貸付制度です。 約1か月の審査期間があります。決定した場合、送金をもって決定とし、通知は行いません。
貸付上限額は:単身世帯 月15万円×3か月=45万円、複数世帯 月20万円×3か月=60万円の申請となります。最終送金の1年後から最大10年間で月賦返済となります。


申込〜返済までの流れ

  1. 申請書類をダウンロードしてA4サイズで印刷する。(自宅のプリンターやコンビニのコピー機等で印刷)
     緊急小口資金 ダウンロードはこちら
     総合支援資金 ダウンロードはこちら
    ※注意(2種類を同じ月に申請できません、総合支援資金のあとに緊急小口資金は申請できません)

    ダウンロードできない場合は、電話で資料請求してください。※届くまで1週間要します。
    社会福祉法人 江戸川区社会福祉協議会03-5662-5587(平日9:00〜11:45 13:00〜16:00)

  2. 書類一式を江戸川区社会福祉協議会へ簡易書留で送付してください。
    (送料は自己負担、令和2年12月下旬締切)

    送付先住所 〒132-0031江戸川区松島1-38-1 江戸川区社会福祉協議会 特例担当宛

  3. 申請書類に不備がある場合⇒電話連絡や書類返送により確認、再提出を求めますので速やかに応答してください。
    定めた期日までに応答がない場合、申請は却下されます。
    申請書類に不備がない場合⇒特に電話連絡や通知はありません。

  4. 審査結果が貸付可能な方へ「東京都社会福祉協議会」から送金されます。通知はありません。
    審査結果が貸付不可な方へ 電話連絡または通知によりお知らせします。

  5. 送金の1年後から月賦返済します。
    返済手続き等の書類は東京都社会福祉協議会より通知される予定です。
    尚、今回の特例措置では新たに、返済時において、なお所得の減少が続く
    住民税非課税世帯の返済を免除することができることとしています。

江戸川区社協はこんなところ
会員を募集しています
寄附を受け付けています
事業紹介 生活安定支援窓口(受験生チャレンジ支援など) なごみの家
障害者のかたに 貸付の相談 貸付の相談
熟年者のかたに 成年後見の利用相談 福祉サービスへの苦情など
社協だより
各種助成のご案内
募金活動

 

 

  • このホームページでは、固有名詞の「西」を「葛西」と使用しております。
  •